小笠原ゲーム:【りんくと恭兵とFEG】

芝村:もうあったよねえ一時間

奥羽りんく:はい。あと1時間あるはずです。

芝村:イベントはなんにする?

奥羽りんく:えーと、このままだといつまで経っても結婚式ができなさそうなので、プロポーズとかって選択できますか?

芝村:青森の気分というか状態次第だが、

奥羽りんく:あー。うーん…じゃあ、微妙ですね。照れ屋ですし!(笑)<状態

芝村:恭兵、奥手やし

奥羽りんく:じゃあ、このまま二人旅の最中ということにはできますか?
ついでに諸国漫遊してみたかったりしたので(笑)

芝村:ええ

芝村:どこの国にいく?

奥羽りんく:では、FEGでお願いします。

芝村:OK

芝村:では2分ほどお待ちください。


/*/


芝村:FEGは元・砂漠の国だ。

芝村:今は豊かな沃野が広がっている

奥羽りんく:「うわー…FEGって砂漠の国って聞いてたけど…」(あたりをきょろきょろ見回します)

恭兵:「ハイウェイを通れば1時間で通り抜けられそうだな」

恭兵:「城は、あっちか。小さいがここからでも見えるな」

芝村:恭兵は貴方を見た。

奥羽りんく:「恭兵さん、せっかくだし、ちょっと寄り道していきませんか?」

恭兵:「分かった」

芝村:恭兵は貴方の唇にキスした。軽く。

恭兵:「いこう」

奥羽りんく:「わわっ」(ちょっと驚きますが笑顔になって)

奥羽りんく:「はい、行きましょう!」

奥羽りんく:「そういえば、この国の王様とある技族の方の漫才が、面白いってこの前友達に聞いたんですよ」(裏窓あやのさん情報ですw)

恭兵:「是空さんか……」

奥羽りんく:「あれ? 恭兵さんお知り合いですか?」

恭兵:「んー。まあ」

恭兵:「アルファにいた頃の、取引相手だった」

奥羽りんく:「アルファって…アルファシステムですか?」

奥羽りんく:「恭兵さん、アルファにいたんですか?」

恭兵:「アルファ・フジオカだな。民間軍事部門だがね」

恭兵:「俺より1個下のはずだが、そうか王になったか」

奥羽りんく:「アルファ・フジオカ…民間軍事部門っていうのがあるんですね…」

奥羽りんく:「恭兵さんの一個下だったんですか、是空さんって!」(そっちに驚く)

恭兵:「まて、いまのはどっちに驚いた」(がしっ)

奥羽りんく:「きゃー。えと、えとー……是空さんが恭兵さんより年下だったことに驚きました…」

恭兵:「……微妙だな、まあいい」

奥羽りんく:「(ほっ……)」

奥羽りんく:「えと、でも、じゃあせっかくだし、ご挨拶とかしなくていいんですか? 是空さんに」

恭兵:「……そうだな」

恭兵:「逢いに行くか。今じゃ立場が違うから、あってくれるかどうかが問題だが」

奥羽りんく:「きっと、会ってくれますよ。だって、是空さんですから。ラーメン食べませんか、って言ったらきてくれるんじゃないかなぁ(笑)」

恭兵:「あいつは女好きだからな」

芝村:恭兵は貴方を引き寄せた。抱きしめてる。

芝村:なんか、言いようのない不安があったらしい

奥羽りんく:「恭兵さん。大丈夫ですよ。是空さんが好きな女の人はただ一人だけですし。それに、私も恭兵さんしか目に入りませんから」(と抱きつきます)

奥羽りんく:「むしろ、恭兵さんのほうが……(心配かも)」(笑)

恭兵:「え?」

恭兵:「なんでだ?」

奥羽りんく:「え、えっと…是空さんは……よく男の人と抱き合ったりしてるとか、そんな噂を聞いたことがある、から……」(だんだん小さな声になりつつ)

奥羽りんく:「恭兵さんのこととられたら困るなぁって…」

恭兵:「……いやまあ、確かに女嫌いではあるが」

恭兵:「アイツは普通だぞ」

奥羽りんく:「いや、そうだとは思うんですけど! いくら男の人とはいえ、もし恭兵さんに誰か抱きついたりしたら、その…嫌じゃないですか…」

芝村:恭兵はよろけて照れた。

恭兵:「あー。手でもつないでいくか。いっそ」

奥羽りんく:「はい。それなら、ちょっと安心です」(と手を握ります)

芝村:恭兵は照れた。

芝村:そして、30分ほどで、FEGの城までついたよ。

芝村:王は即座に会う気になったようだ。

奥羽りんく:「よかったですね、恭兵さん。会ってくれるみたいですよ」(手をつないだまま笑います)

恭兵:「大きいな」

奥羽りんく:「大きいですねぇ。さすがFEGです…」

恭兵:「ああ」

芝村:扉が開いた。

是空(友情出演):「ういっす。青森さん」

恭兵:「ははは。お久しぶりです。是空さん」

奥羽りんく:「こんにちは、是空さん」(ぺこりとお辞儀)

是空:「この間はおせわになりました。5kg太りました」

芝村:いきなりリアルトーク

恭兵:「たしかに前より太ったな。鍛えてるんですか」

奥羽りんく:「あはは、こちらこそご馳走様でしたー。 私の分も餃子食べるからですよ(笑)」

是空:「いやー。あんまり最近はいけませんね。いや、こんなところで世間話しても。まあ、無駄に広い部屋にどうぞ」

芝村:恭兵はりんくの手をにぎった。

奥羽りんく:きゅ、とにぎりかえします。

芝村:恭兵は笑顔になった。

恭兵:「じゃ、おじゃまするか」

恭兵:「とるなよ」

是空:「とりませんよ。ひとぎきの悪いこといわんでください」

奥羽りんく:「おじゃましまーす…って、な、なんて会話を…///」

奥羽りんく:「大丈夫ですよ。私を好きでいてくれるのなんて、きっと恭兵さんだけですから」と、手にちょっと力をこめます。

芝村:是空は、紳士的に聞かないことにしているが、正直うらやましいと思った。

芝村:その日の夜は、盛大なパーティが開かれたよ。

芝村:そして・・・


/*/


芝村:夜。

芝村:パーティを抜け出して二人、バルコニーに並んでいます。

芝村:恭兵はタキシード着ている。髭がない。

奥羽りんく:「かっこいいですね。タキシード、とってもよく似合ってます、恭兵さん」

恭兵:「お前のドレスほどじゃない」

恭兵:「……似合ってる。着てよかった」

奥羽りんく:「えへへ。恭兵さんに見てもらおうと思って、ちょっと頑張っちゃいました。褒めてもらえて、すごくうれしいです」

芝村:恭兵は髪をかいて照れている。

奥羽りんく:「でも、本当にきてよかったですね。是空さんに会うこともできましたし」

恭兵:「……ああ」

芝村:恭兵は遠くに音楽を聞いている。

芝村:恭兵は迷っている。

奥羽りんく:「恭兵さん? どうしたんですか? 何か、心配事でも…?」(顔を覗き込みます)

恭兵:「いや、ここでキスしたり抱きしめたりすると目立つかなと思っていた」

奥羽りんく:「……えーと…誰も、見てないと思いますよ?」

芝村:あやのは見てそうだな

奥羽りんく:(笑)

芝村:恭兵はとりあえず怪しそうなところにへび花火を投げ込んだ後、貴方をだきしめて、キスした。

奥羽りんく:「……へ、ヘビ花火って…」

芝村:最後まで恭兵はしゃべらせなかった。

芝村:貴方にキスした。

奥羽りんく:もう目を閉じてキスを受け入れます(笑)

芝村:長いキスをしました。


/*/


芝村:はい。

芝村:時間です。お疲れ様でした

奥羽りんく:お疲れさまでしたー

奥羽りんく:あやのさんにヘビ花火が…(笑)

奥羽りんく:いやー。なんか楽しかったですありがとうございました

芝村:久しぶりに健全でした。

奥羽りんく:久しぶりなんですか(笑)

芝村:評価は+2+2 です。

芝村:いえ。戦いとか多いし

芝村:えろさわらはすこし

奥羽りんく:あー。なるほど。私はキャッキャウフフゲームにちゃんとなったってことですね(笑)

奥羽りんく:えろさわらは…(笑)

芝村:ははは。そうだね

奥羽りんく:最初から最後までずっといちゃいちゃしてたので、非常に楽しかったです。
でも是空さんネタにしてごめんなさい(笑)

芝村:ははは。

芝村:秘宝館には2・2で依頼出来ます。

奥羽りんく:はい。

奥羽りんく:あ。そういえば、恭兵さんに頂いた指輪の名前とかは特にないですか?

芝村:まだ確定してないね。

芝村:ヨシフキンの店に行くと決まる

奥羽りんく:なるほど。今、アイテム図鑑で暫定的に結婚指輪になってるので、お聞きしたかったのですが

奥羽りんく:ヨシフキンのお店に行かないとダメなのですね。了解しましたー

芝村:はい

奥羽りんく:では、本日はありがとうございました!
とっても楽しかったです。

芝村:ではー。解散しましょう

芝村:またねー

奥羽りんく:はい。ではー