生活ゲーム情報局

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠原ゲームログ:【りんくと恭兵と秋の虹】

<<   作成日時 : 2008/03/18 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

奥羽りんく:芝村さん、おはようございます。

さっそくですが小笠原ゲームに参りました。

よろしいでしょうか〜?

芝村:記事どうぞ

奥羽りんく
記事は

http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=1754&reno=1743&oya=1743&mode=msgview

【予約者の名前】4100220:奥羽りんく:悪童同盟
【実施予定日時】20080318/10:00〜11:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】(※生活ゲームのみ)
 ・奥羽恭兵:個人ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
 ただし、デートチケット使用につき消費マイル0となります。
【参加者:負担するマイル】
 ・4100220:奥羽りんく:悪童同盟:入学済:0(デートチケット使用)

以上、よろしくお願いいたします。

こちらになります。

芝村:イベントは?

奥羽りんく:恭兵さんに選んでもらいたいのですがお願いできますでしょうか?

芝村:あいつ、かなりつまんないの選びそうだけど分りました。

奥羽りんく:えー(笑)

芝村:2分ほどお待ちください。

奥羽りんく:はい


/*/


芝村:ここは秋の園だ。 時刻は朝方。少し寒い。

芝村:恭兵はにこにこしている。

奥羽りんく:「秋の園ははじめてきましたね。って…どうしてそんなににこにこしてるんですか?」

恭兵:「いや、二人でいるから」

恭兵:「それじゃ駄目か?」

奥羽りんく:「駄目じゃないですよ。私も嬉しいですし。でも手をつないでくれたらもっと嬉しいと思いますけど」(笑いな

がら言います)

芝村:恭兵は手を伸ばした。

恭兵:「いこうか。りんく」

奥羽りんく:「はい、恭兵さん」(ご機嫌で手をとりながら隣に並びます)

恭兵:「実は面白い物が見えるという話でな」

奥羽りんく:「面白いもの、ですか? なんだろう」(ちょっとわくわくしてます)

芝村:山登りしている。最もここは参道で、比較的昇りやすいね。舗装はされてないが

恭兵:「見てからのお楽しみだ」

芝村:恭兵は三脚をもってるね

奥羽りんく:「楽しみにしてますね」

奥羽りんく:「その三脚はなにに使うんですか?」

恭兵:「なんとなくな」

芝村:恭兵は嬉しそうに笑った。

奥羽りんく:「なんとなく、ですか。本当に楽しみですね」(つられて笑います)

恭兵:「歩きにくくないか?」

芝村:息を切らさず恭兵はいった。

奥羽りんく:「最近、あんまり運動してなかったからちょっときついですけど、まだ大丈夫です」

#PLなら絶対息きれてますが…!(笑)

恭兵:「少し休むか?それとも、寄り道でも?」

奥羽りんく:「恭兵さんが見せてくれるものが楽しみなのでがんばります。行きましょう!」(ちょっと早歩きになります)

恭兵:「無理するなよ」

恭兵:「時間はたっぷりあるんだ」

芝村:上を、白鷺が飛んでいる。

奥羽りんく:「大丈夫です…え! あ、白鷺…!」(思わず足を止めて上を見上げます)

芝村:恭兵も脚をとめた。上を見た。

恭兵:「どこかに水田でもあるのかな」

奥羽りんく:「神社もあるみたいですし、神田とかもあるのかもしれませんね。うわぁ…」(上を見上げたまま感激してます



芝村:恭兵は貴方の横顔を見ている。

奥羽りんく:気づいて照れます(笑)



「な、なんかおかしな顔してましたか?」

恭兵:「いや。好きだなと思っただけさ」

芝村:恭兵は照れている。

恭兵:「いこうか」

奥羽りんく:「すきって言ってもらえて嬉しいです」(照れつつ)

芝村:恭兵は少し早歩きだ。

奥羽りんく:「あ、待ってください…!」(がんばって追いかけます)

芝村:恭兵は速度を落したよ。

芝村:手を繋いだ。

奥羽りんく:「えへへ。なんか、幸せですね」

恭兵:「実は俺もそう思ってる」

芝村:恭兵は腕時計をちらりと見た

奥羽りんく:「あ、時間そろそろまずいですか? なら、急いでいかなくちゃ…」

恭兵:「いや、逆だ。少し早く着きそうだな。現地で休むか、途中で休むか」

奥羽りんく:「じゃあ、途中でお休みしていきましょう。楽しみは最後にとっておくほうが、きっと楽しいですよ」

芝村:恭兵はベンチをさした。

芝村:ここは休憩所のようだ。

奥羽りんく:「こんなところに休憩所があるんですね〜。座りましょうか、恭兵さん」(といいつつベンチに座ります)

芝村:恭兵も隣に座った。

芝村:この時刻では他に人もいない

奥羽りんく:ではせっかく二人きりなので甘えてぎゅーっとくっつきます。

芝村:抱きついた。

芝村:恭兵は貴方の髪に触れている。

奥羽りんく:されるがままにされつつさらにぎゅっと抱きついてます。

芝村:恭兵は顔をあげさせた。

奥羽りんく:じっと見つめます。

芝村:恭兵はキスした。

芝村:照れて笑った。

恭兵:「中々慣れないもんだ」

奥羽りんく:「な、慣れるものでもないと思います。でも、幸せだからいいんじゃないでしょうか」

(同じく照れつつもほっぺたにキスを返します)

芝村:恭兵は笑った。

恭兵:「それもそうか。あー。いかん」

芝村:恭兵は時計見て青くなった。

恭兵:「時間がまずい!」

奥羽りんく:「え! それは大変急ぎましょう!」

芝村:二人で走った。

恭兵:「今日しかないのに!」

奥羽りんく:「今日しかない…?」(息を切らしつつダッシュします)

芝村:5

芝村:4

恭兵:「ああ」

芝村:3

芝村:2

芝村:1

奥羽りんく:「なにがですか?」

芝村:0

芝村:ぎりぎりで着いた。

芝村:ここは山の上だ

芝村:山より高い塔が見える。

奥羽りんく:「うわー…塔が、みえ、ますね」(息を整えてます)

芝村:放水が始まった。

芝村:虹がかかった。

恭兵:「今日がはじめてらしくな」

奥羽りんく:「うわぁ…! すごい、すごいです…!」(ものすごく感動してます)

芝村:恭兵は三脚をおいてカメラを設置した。

芝村:タイマーをセット。

芝村:貴方の隣に並んだ。

芝村:カシャ。

恭兵:「これがやりたかったんだ。飾りたくてな」

奥羽りんく:「このためだったんですね」(びっくりしつつ笑顔です)

恭兵:「いや、やりたいことは喜ばせたかっただけ」

芝村:恭兵は優しく笑いました。

奥羽りんく:「すごく、喜びました。ありがとう、恭兵さん」(キスします)


/*/


芝村:はい。お疲れ様でした。

芝村:評価は+1+1です。

奥羽りんく:おつかれさまでしたー

奥羽りんく:ありがとうございます。

芝村:秘宝館には1・1で依頼出来ます。

奥羽りんく:はい。

奥羽りんく:ちょっと感動してしまいました…(笑)

芝村:あら。そうなんだ。

芝村:いやー。恭兵が選ぶって絶対こう、金で買えないのばかりえらぶだろうからどうなのかなあと。

奥羽りんく:最後の台詞で一瞬止まりました。幸せすぎて。

芝村:ははは。

奥羽りんく:お金で買えなくても、嬉しすぎてどうしようかと思ったので全然OKです(笑)

芝村:まあ、あいつ傭兵だから、金を汚いとか思ってるんだよ。だから大事な局面では金以外でいつも動いている。

奥羽りんく:なるほど。そうなんですね…!

芝村:命賭けて戦うときは大抵金以外だね。

芝村:まあ、恭兵は家で飾って眺めているよ。

奥羽りんく:ああ、でもなんかそんな感じです。<命かけて

奥羽りんく:私もほしかったです…!(笑)<写真

芝村:秘宝館に頼むといい。

奥羽りんく:そうですね、そうします。<写真

芝村:はい。では解散しましょう。お疲れ様でした。

奥羽りんく:では本日はありがとうございました! 幸せでしたv(笑)

奥羽りんく:では、失礼しますー

芝村:ではー

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
小笠原ゲームログ:【りんくと恭兵と秋の虹】 生活ゲーム情報局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる