生活ゲーム情報局

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠原ゲーム:【りんくと恭兵と怪しい露店】

<<   作成日時 : 2007/12/06 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

奥羽りんく:芝村さん、こんばんはー。

小笠原ゲームに参りました。よろしいでしょうか?

芝村:はい。きじどうぞ

奥羽りんく
【予約者の名前】4100220:奥羽りんく:悪童同盟
【実施予定日時】12月5(水)20:00〜21:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・ミニイベント:10
【召喚ACE】(※小笠原のみ)
 ・奥羽恭兵:個人ACE:0
【合計消費マイル】計10マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・4100220:奥羽りんく:悪童同盟:入学済:10

奥羽りんく:こちらになりますー

芝村:イベントは?

奥羽りんく:えーと、最近物騒で怖いので、恭兵さんにお守りを買ってあげたいのですが

奥羽りんく:そんなイベントはありますでしょうか?

芝村:力のある奴? 気休め? 効果ない。どれがいい?

奥羽りんく:えーっと、できうれば力のある奴がいいです…!

奥羽りんく:(このまえのようなピンチを乗り切れるような…;)

芝村:知恵者かな

奥羽りんく:では、知恵者さんのところへお買い物に行かせてください。

芝村:OK

芝村:2分まってね

奥羽りんく:はい

芝村:/*/

恭兵:「ホラ見ろ、随分ダイエットに成功したぞ」

奥羽りんく:「何言ってるんですか! 本当に、無事でよかった…!」

奥羽りんく:(ぎゅーっと抱きつきます)

芝村:恭兵は笑った。

恭兵:「まあ、俺の贅肉は犠牲になったな。出方が気になっていたので、よかったよかった」

芝村:恭兵は微笑んで。貴方をだきしめた。

恭兵:「すまん」

奥羽りんく:「私のほうこそ、ごめんなさい…。一人にしちゃって……」

奥羽りんく:「でも、あのとき助けにきてくれてありがとうございます」(ぎゅーっと力いっぱい抱きつきます)

恭兵:「いや、最近物騒で・・・」

恭兵:「愛してる」

奥羽りんく:「私もです、恭兵さん」

芝村:恭兵は微笑むと、貴方にキスしました。

芝村:体重20kgくらい落ちてるから、結構痩せた感じだね。

奥羽りんく:「帰ってきたからには、たくさん食べていっぱい太ってもらいますからね! 私、がんばってお料理しますから」(ぎゅーっと抱きついたまま)

恭兵:「おいおい。せっかく20歳のころに体重をもどし・・・」

恭兵は貴方の頭を抱き寄せて何度もキスした。

恭兵:「久しぶりに見るとかわいくなったな」

奥羽りんく:「な、何言ってるんですか・・・」(照れ隠しにかおを胸にうずめます)

恭兵:「かわいくてなにより」

芝村:恭兵としばらく二人で抱きあいました。

恭兵:「しまった。うっかりこれだけで一日すぎそうだな」

恭兵:「何か希望は?」

奥羽りんく:「あ、えっと、最近物騒なので、恭兵さんにお守りをあげたいなと思ってるんですけど…」

奥羽りんく:「一緒に買いに行きませんか?

芝村:恭兵は笑った。

恭兵:「お前さん以上のお守りが必要だとも思えないが」

恭兵:「でも、ああ。よろこんで、ついでにそば屋にでもいくか」

奥羽りんく:「はい、お買い物して、お蕎麦屋さんにも行きましょう!」(手をつなごうとします)

芝村:恭兵はにこっと笑った。

芝村:一緒に外に出ました。

芝村:いい天気だ

恭兵:「迷宮よりは明るいというべきだろうな」

奥羽りんく:「迷宮に比べたら、それはそうかもしれませんけど…」

奥羽りんく:「恭兵さんが隣にいるなら、私はどんな天気でもかまいませんから」

恭兵:「ま、それにしても雨よりは天気のほうがいいさ。デートだしな」

芝村:恭兵は照れている。

奥羽りんく:「デート、ですもんね」(うきうきしてます)

芝村:この人の照れるポイントは全然分からない。

恭兵:「ああ」

芝村:二人で寄り添うように歩いた。

芝村:商店街まできたよ

奥羽りんく:「お守りは、どこで売ってるんでしょうね?」(きょろきょろとあたりを見回します)

芝村:怪しげな露天商があるよ

奥羽りんく:「あ。あそこなら売ってそうかも。行ってみましょう、恭兵さん」(露店商に向かいます)

恭兵:「アフリカを思い出すな」

知恵者:「ようこそ、ついに来たな」

奥羽りんく:「こんにちはー…って、つ、ついにですか?」(なんで来ることわかってたんだろう…)

芝村:知恵者はポケットから指輪を出した。またしまった。

芝村:知恵者はどうしようもなさそうなのを3つだした。

奥羽りんく:「えーっと、すみません。今日は、恭兵さんを守ってくれるお守りを買いに来たのですが…」

知恵者:「選ぶがよい」

芝村:一つ目は無限に一人分の食料が出てくる魔法の小鍋携帯用

芝村:二つ目はどんな攻撃も一度だけ防ぐ、山の盾携帯版

芝村:三つ目はりんくを呼び出せるりんくの冒険外伝ぶっく

奥羽りんく

芝村:どれがいい?

恭兵:「りんくがいやらしくなるりんくの桃色ぶっくとか売ってないのか?」

知恵者:「売り切れだ」

奥羽りんく:「恭兵さんはどれがいい…て、そんなのあるんですか!」(笑)

知恵者:「冗談だ」

恭兵に首をしめられながら知恵者は言った。

奥羽りんく:「恭兵さん、恭兵さんがもつんですから、恭兵さんが選んだ方がいいような気もするんですが…」(首を絞めるのを止めながら聞きますw)

恭兵:「そりゃきまってるだろう」

恭兵:「りんくの冒険外伝ぶっくをくれ」

奥羽りんく:「ほ、本当にそれでいいんですか? お鍋とか山の盾とか、もっと役に立ちそうですけど…」

恭兵:「食べ物は、お前が作る。一度だけ防いでも、あまり意味はない」

恭兵:「ただ、お前さんと会えない日々はつらい」

恭兵:「だからこれでいいんだ」

奥羽りんく:「…私も、恭兵さんに会えない日々はとてもつらかったです…」

知恵者:「キスは別の場所でしてくれんかね」

恭兵:「あ」(キスしかけてた)

奥羽りんく:「ご、ごめんなさい!;;」

奥羽りんく:「えっと、恭兵さんがいいなら、それにします。…ずっともっててくださいね?」

奥羽りんく:「知恵者さん、その外伝ブックをいただけますか?」

知恵者:「これが一番安いな。5マイルだ」

奥羽りんく:では5マイル払ってそれを購入します。

芝村:OK 消費申告だしてくださいね

奥羽りんく:了解です。

芝村:恭兵は微笑むとポケットにいれた。

恭兵:「いやまて」

芝村:恭兵、中を確認。

奥羽りんく:「恭兵さん、どうかしたんですか?」

芝村:恭兵は色々なりんくの写真を見ている。

奥羽りんく

芝村:顔が赤くなった。

奥羽りんく:「ちょ、あの、こ、ここで見るの禁止です!」(真っ赤になりつつ)

芝村:恭兵はしまった。

奥羽りんく:「(あんな写真撮られた覚えあったかな…;)」

芝村:恭兵は微笑んで貴方の頭をなでた。

奥羽りんく:「ちょっとだけ照れくさいですけど、でもきっと恭兵さんのこと守りますからね!」

恭兵:「もちろんだとも。さて」

恭兵:「とりあえずは、蕎麦でも食べて俺を守ってくれ」

奥羽りんく:「はい。お蕎麦食べましょう! あ、知恵者さんありがとうございました〜」

芝村:知恵者はうなずいた。

芝村:二人で並んで歩き始めました。

恭兵:「いい買い物だった」

奥羽りんく:「恭兵さんが喜んでくれて、私も嬉しいです」

奥羽りんく:「(恥ずかしいけど! とてつもなく恥ずかしい気がするけど〜!!)」

芝村:恭兵は周囲を見渡して、人が多いので貴方の手を握るだけで満足した。

奥羽りんく:嬉しそうに笑って、ぎゅっと握り返します。

芝村:二人で笑いました。

芝村:/*/

芝村:はい。お疲れ様でした。

奥羽りんく:お疲れさまでした〜

芝村:久しぶりに会えてよかったね。

芝村:-20kgだけど(笑)

奥羽りんく:はい! とっても嬉しかったです!!

奥羽りんく:それは心配ですが!(涙)<-20kg

芝村:まあ、ちょい太り気味だったから(笑)

芝村:評価は+1+1でした。

奥羽りんく:でも20kg激ヤセすぎですよ〜;;

奥羽りんく:はい。わーい、これで7 7になりました〜v

芝村:ははは。

奥羽りんく:そしてせっかく知恵者さんのお店に行ったのに、指輪の名前聞くの忘れました…(笑)

芝村:ははは。

芝村:そりゃまたいけばいいさ。

芝村:秘宝館には1・1で依頼出来ます。

奥羽りんく:そうですね〜<また行く

はい、ありがとうございますー<秘宝館

芝村:では解散しましょう。おつかれさまでしたー

奥羽りんく:おつかれさまでしたー。

続けて秘書官慰安旅行でもよろしくお願いしますー(笑)

芝村:はあい

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
小笠原ゲーム:【りんくと恭兵と怪しい露店】 生活ゲーム情報局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる