生活ゲーム情報局

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠原ゲーム:【りんくと恭兵と引越】

<<   作成日時 : 2007/11/17 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

奥羽りんく:芝村さんこんばんは。
小笠原ゲームに参りました〜。よろしいでしょうか?

芝村:記事をどうぞ

奥羽りんく
【予約者の名前】1000220:奥羽りんく:悪童同盟
【実施予定日時】2007/11/13 20:00〜22:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間)×2:20マイル
【召喚ACE】
 ・奥羽恭兵:個人ACE:0
【合計消費マイル】計20マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・1000220:奥羽りんく:悪童同盟:入学済:20

奥羽りんく:こちらになります。

芝村:OK

芝村:イベントタイプはどんなものが?

奥羽りんく:えーと、レムーリアに冒険とかはできますか?

芝村:出来るけど、結構危険だよ。

芝村:いいかい?

奥羽りんく:き、危険ですか…。うーん…

奥羽りんく:では今回はやめておきます。

芝村:はい。

奥羽りんく:えーと、実は世界忍者国から悪童同盟へ転藩したので、こう、二人でお引越しとかできますか?
今いっしょに住んでいるかはわからないのですが…

芝村:いいですよ。

芝村:まあ、一緒には住んでないだろうけど。ついては来るよ。

奥羽りんく:一緒についてきてくれるんですね(笑)
では、お引越しでお願いします。

芝村:はい。2分ほどお待ちください。


/*/


芝村:車が来たよ。荷物を運ぶ、トラックだ。

芝村:恭兵が運転している

奥羽りんく:「あ。恭兵さん!」

奥羽りんく:「すごい、トラック運転できたんだぁ…」

恭兵:「?一通りはな。戦車はそれなりだが」

奥羽りんく:「あ、あはは…言われてみればそうですよね。戦車に比べればトラックなんて…」

奥羽りんく:「トラックもってきてくれて、ありがとうございます」

恭兵:「なについでさ」

恭兵:「俺も悪童同盟とやらにいくつもりだ」

奥羽りんく:「わ! 一緒に来てくれるんですね、嬉しいです!」

奥羽りんく:「悪童同盟は砂漠の国なんですけど、いいところらしいんですよ」

恭兵:「ま、いい女がいれば、あとは天国だ」

奥羽りんく:「いい女……に、なれるようにがんばりますから、ずっと一緒にいてくださいね」

芝村:恭兵はんーと考えた後、笑ってうなずいた。

芝村:貴方の髪に触れた。

芝村:トラックから降りた。

恭兵:「さて、荷物運びでも手伝うが?」

奥羽りんく:「はい、お願いします」(と笑顔で答えます)

芝村:恭兵は軍手をはめてる。

芝村:あ。本気だ。

奥羽りんく:「といっても、そんなに多くはないと思いますけど…服も私物も整理したし…」

奥羽りんく:「って、恭兵さん。なんでそんなに本気になってるんですか」

恭兵:「いや、引越しは普通……」

恭兵:「え。少ない?」

奥羽りんく:「ほとんど、身一つのつもりでしたから…。あれ、もしかして家具とか全部運んでくれるつもりだったんですか?」

芝村:恭兵は、照れている。

芝村:かなりやるきだったようだ

奥羽りんく:「えーと…ありがとうございます。そこまで手伝ってくれるつもりだったことが嬉しいです」(ぎゅ、と抱きつきます)

芝村:抱きつかれて、あわてて恭兵は軍手を外して貴方を抱きしめている。

恭兵:「役に立たなくてすまん」

奥羽りんく:「役に立たないなんてそんなこと! でも、そうですね。この荷物、私ごと悪童同盟まで運んでくれますか? 運転手さん」

恭兵:「もちろんだとも」

恭兵:「俺が運ぶものの中で、一番高価なものになりそうだな」

奥羽りんく:「大切に扱ってくださいね。優しくしてくれないと、拗ねちゃうかも(笑)」

芝村:恭兵は尻を触ろうとするのをやめて。ああと微笑んだ。

芝村:そして顔を見て、照れた。

芝村:口を隠している。

奥羽りんく:「恭兵さん? えーと、言葉にしないと伝わりませんよ?」とじーっと見つめます(笑)

恭兵:「あー。まあ、りんくはかわいい」

芝村:恭兵はりんくを見て、目をそむけた。

恭兵:「すごくかわいい」

奥羽りんく:「あ、ありがとうございます。恭兵さんは…かっこいいですから……」

奥羽りんく:「え、えっと…だから、キス、してくれませんか」(赤くなりながら勇気を出して伝えてみます)

芝村:恭兵は微笑むと、貴方の額に口づけした。

奥羽りんく:「……」(不満そうな視線を向けてみる)

芝村:恭兵は上を見た後で、頬にキスした。

奥羽りんく:「……恭兵さんのバカ」(つんとそっぽを向きます)

恭兵:「いや、その、朝だぞ」

芝村:恭兵、実は照れ屋だった。今も盛大に照れている。

奥羽りんく:「……そういうところも、好きだからいいんですけどね。でも、ちょっと寂しい、かも」

芝村:恭兵はぐぬぬぬという顔だ。

芝村:ええいと貴方を抱き寄せて、深呼吸して、貴方の目を見た。

芝村:貴方はどうする?

奥羽りんく:では、一瞬だけ目を合わせてから目を閉じてみます(笑)

芝村:恭兵はキスした。

芝村:セクハラいいわりに、こう言うのはダメらしい

奥羽りんく:(照れ屋なんですねぇ/笑)

芝村:ひどく優しいキスだった。

恭兵:「……」

恭兵:「引越しでもするかといいたいがその」

恭兵:「照れるな」

奥羽りんく:「え、えーと…そうですね。て、照れますね…」

奥羽りんく:「でも、嬉しかったです。ありがとう、恭兵さん……」

芝村:あ。またキスした。

恭兵:「火がつくな。こういうのしていると。癖になる」

奥羽りんく:「でも、恭兵さんとキスするのは…好きだから…」(言いつつちょっと照れます)

芝村:またキスした。大人のキスだった。

芝村:恭兵は満足したように、顔をあげた。唾液が糸引いていた。

奥羽りんく:「……」(照れて何も言えませんw)

恭兵:「すまん……」

芝村:恭兵、反省。

恭兵:「あー。えーと。引越しだ。そう、引越し」

奥羽りんく:「好きっていったの、私だから…謝らないでください」

奥羽りんく:「恥ずかしいけど、嬉しいんですから…。こ、こんなことまで言わせないで…///」

恭兵:「……すまん。あーと」

芝村:二人で照れました。

恭兵:「どうする?」

奥羽りんく:「えっと、て、照れてても仕方ないですから…あの、今度こそお引越し、ついてきてくれますか? ちょっとの間、二人旅になりそうですけど」

恭兵:「いいとも」

恭兵:「二人で色々廻るのも、悪くない」

奥羽りんく:「ええ。恭兵さんと一緒なら、それだけで素敵な旅になりそうです」

恭兵:「あー。うん」(がんばろう)←なにを?

奥羽りんく:「……また、キス……してくれますか?」(ぽつりと爆弾発言を投げてみますw)

芝村:恭兵は、これから色々がまんしながら旅をするんだろうなあと考えた後、りんくの笑顔に負けて、うなずいてしまった。


/*/


芝村:はい。1時間目終了です

奥羽りんく:あはははは(笑)

奥羽りんく:面白かったです!(酷いやつ)

芝村:まあ。幸せそうでいいんではないかと

奥羽りんく:思いの外いちゃいちゃできて楽しかったです(笑)
  相変わらず恭兵さん可愛いですしw

芝村:それはよかった。本人的にはかわいそうだが。まあ、あれだね。

芝村:付き合う前は苦労させてたんで、あいこかなあ

奥羽りんく:あははー。まあ、これからじっくり幸せになっていければいいなぁと思います(笑)

芝村:そだね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
小笠原ゲーム:【りんくと恭兵と引越】 生活ゲーム情報局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる